空き家管理委託で節税しよう

空き家放置問題は、日本でも地方や都市部色んな所で起こっている物なんですね。
それに応じて、空き家管理対策なども国で行っているのですがそれにより弊害を受けてしまうのは結局空き家の所有者になってしまうんですね。

空き家放置をする上での損害

空き家は、今固定資産税の問題で放置していると空き家でおいておくことが普通の固定資産税がかかってしまうという状態に法律改正によっておこってしまうことになったのです。
なので、危険な建物と判断されるような状態で空き家放置をしてしまうと、税金がかなりかかってしまうんです。
今までは、空き家のまま放置しておけば節税にはなったのですが、それが通用しなくなったため、土地の固定資産税を節税するためには空き家管理を適切に行わなければいけないようになっているんです。

空き家でも固定資産税を抑える

危険な建物と認識されないようにし、税額を従来の値段にし続けるためには人が住んでいる、利用者がいる、売却のための管理をしていると言った要件が必要になってきているんですね。
そのため、その家に住むことが出来ない場合は売却のための管理状態というものを行わなければいけないのです。
そして、その空き家管理を専門にしている業者などが最近では増えて来ているので、空き家管理を委託することで空き家のままにしていても税金を従来の値段に抑える事ができます。

空き家管理の委託について

空き家管理の委託は、年間でかかる料金も正直固定資産税のそのままの課税額を考えれば遥かに安い値段で済みますからね。
しかも、状態維持のための管理をしてくれるわけですから同時に買い手を探すための売却活動も行いやすいし、いい状態をキープ出来るので買い手をつけやすいです。

関連する記事