空き家管理の税金リスク

空き家における固定資産税の法律改正が話題になっていますが、そもそも空き家を放置するということはどんな問題があるのでしょうか。
今後、空き家問題を考える上では空き家放置にはどんなリスクがあるのかを知ることも大事なんですね。

空き家の税金リスク

空き家というのは、たとえ誰も住んでいないという場合であっても所有者には固定資産税や都市計画税といった税金がかかってくるんですね。
なので、空き家を所有しているだけで税金が余計にかかってきてしまうわけです。
しかも、不動産の場合は相続する際には相続税がかかってきてしまいますので、空き家というのは所有をしているだけでもお金がかかってしまう、価値がないどころか負の遺産になってしまうこともあるものなんですね。
更に、空き家が特定空き家勧告を受ける対象になってしまうと、固定資産税の優遇措置がなくなり余計にお金がかかってしまうんです。

特定空き家に認定される対象条件

この、固定資産税が数倍になってしまうという空き家の条件には色々あるんですね。
主に、放置されている空き家などなのですが細かく言うと放置していることで倒壊してしまう危険性がある空き家。
放置し続けることによって腐食や害虫、害獣の発生につながる衛生上有害な場合。
管理が行われず劣化することで景観を残っている。
その他、周辺住民への生活環境への悪影響などがあると考えられる空き家ですね。

廃墟の放置はお金がかかる

要は、そこにあることで放置されると周りに迷惑になる空き家が特定空き家に認定されてしまうというわけです。
本来これを解決するには国が金を出してさっさと解体し、土地の買い上げをするのが一番なのですが、現状それを期待するのは難しいでしょうね。

関連する記事