空き家問題はなぜ増えているのか?

高齢化、人口減少、核家族化などの時代の移り変わりにより空き家の存在が全国的な社会問題となっており、国家でも対策を行っています。
しかし、そもそもなぜこんなに空き家放置という問題が広がってしまったのでしょうか。

節税のために空き家放置をしている

固定資産税と言う物が土地や建物の所有者に課される税金となっているのですが、この固定資産税は土地に対して住宅用地の場合は課税が優遇されるという法律があったんですね。
そのため、空き家になって誰も済まなくなった場所でもそこの建物を解体して土地だけにしてしまうと、固定資産税が高くなってしまうんですね。
だから、その空き家の所有者としては空き家を廃墟になっていようが放置してしまったほうが課税優遇になるんです。
だから、空き家のまま放置してしまう人が多かったためこれだけ空き家問題が広がったのです。

なぜこのような措置が設けられたか

政府側は、住宅建設を促進したかったという狙いが大きいですね。
理由は色々ありますが、一番大きいのは建設業界と政治家や役人というのはずぶずぶの癒着関係にあるなんていうのは誰もが知っている事ですね。
結局のところ、自分の懐を温めたい政府が自分で自分の首を締めていた、というわけなんで。

法律改正による影響

しかし、この対策のため放置空き家の場合は固定資産税の優遇措置を対象外とする法律改正を行いました。
ただ、結局これは一時的な問題の先延ばしにしか繋がらず、今後は空き家管理委託よりも、空き家の相続権放棄などがどんどん増えていくでしょうから所有者の居ない空き家と言うものがそれに通じて増えていくでしょう。
結局は、政府の利益のためにまた自分の首を締めていくことになるでしょうね。

関連する記事