空き家リスクの対策について

空き家は、放置して所有したままになっていると色々とリスクが発生し、特に金銭的不利益が大きいんですね。
これこそが、空き家が負の遺産と言われる物なのですがこのようなリスクの対策の方法についてを解説していきましょう。

空き家のリスク対策について

空き家のリスクが発生しないようにするためには、主に売る、貸す、維持管理をするこの3つになりますね。
空き家、というのは基本的にそのままにしてしまうことが負の遺産になってしまうわけですからね。
なので、その空き家の所有権を誰かに移してしまうなりするした方がずっといいんです。
空き家放置はお金がかかりますが、例えば空き家の建物だけ処分して更地にしても固定資産税が結局放置空き家と同じだけかかってしまうので、実は建物の処分だけをするのはリスク対策にはならないんです。

対策をすすめよう

売る、貸すは基本的には土地と建物に需要があるということが前提になってしまいます。
しかし、それにしても結局建物というのは老朽化してしまえばリフォームなどをしないと売るにしても貸すにしても客がつかなくなってしまうんですね。
なので、あくまで空き家になった瞬間から売却、もしくは賃貸をすることを前提にして買い手、借り手がつくまでは維持管理などをする、ということが重要になってくるんです。

売却、賃貸を念頭に置く

売却や賃貸を念頭において、維持管理をしておけば特定空き家の対象にはならないんですね。
管理維持を委託するのもそれなりにお金はかかるのですが、それでも固定資産税に比べればかなり安い方になりますので、処分を念頭に起きつつ管理維持をしておく、ということが大事なんです。
空き家管理は、節税につながるのでしておきましょう。

関連する記事