空き家管理で節税できます

昨今、多くの持ち家などが放置されるなどして空き家問題が日本ではとても大きな問題となっているんですね。
空き家などがあると、管理も大変ですし当然ながら固定資産税などがかかってきたり、負の遺産になってしまう事もあるのですがそれを解決する物が出てきました。

法律改正で空き家放置は課税対象に

空き家放置昨今、空き家問題が増えてきたのは所謂核家族化の増加、持ち家を所有している人たちの老齢化と施設などに入る事になって、持ち家に住む人がいなくなる、という事。
そして、何より一番大きいのは税金の問題があったからなんです。
昨今、空き家問題が増えていた一要因としては持ち家の固定資産税が今までは6分の1に抑えられていたからなんですね。
なので、例えば持ち家所有者が家を出て施設に入ったり、所有者が亡くなったけど、仕事の関係で住む場所を変えるわけにもいかず、空き家になってしまうなどになっても処分したりしなかったのは解体費用などをかけるくらいなら、年間の固定資産税の5万円を払って放置していた方がやすかったからです。
しかし、昨今空き家問題などの増加により法律が改正されたことで固定資産税が課税額となって、年間での支払金額が30万円に跳ね上がってしまったんですね。
なので、空き家放置をしてしまうと年間にかかってくる固定資産税がとんでもなく高い値段になってしまったのです。
今までは土地が更地であることよりも、空き家をおいておいた方が安かったのですが、空き家が放置空き家で危険な状態と判断されてしまうと、更地と同じ状態の固定資産税が課税されてしまう、という状態になってしまって空き家の状態のまま放置していると、税金が余計にかかってしまう、なんて状態になっているんですね。

空き家管理を行い節税する

空き家管理さて、空き家状態で放置していると更地状態と同じだけの金額の税金を課税されるということがわかりましたが、だったらどうしたらいいのでしょうか。
勿論、空き家にしないようにその建物に住んでしまえばいいわけですが、仕事の関係でそうもいかないということもあるでしょうね。
そうなってしまったら、結局空き家などを処分するなり土地物件を売却してしまって、権利を手放してしまった方がまだマシですね。
しかし、空き家放置するような場所だとそもそも土地価値や需要が薄いところが多く、買い手がつきにくいんですね。
なので、すぐに土地を売却出来ない場合は空き家管理を適切に行うことで、危険な状態の放置空き家にしてしまわないことが大事なんです。
そうすることによって、従来の空き家状態での固定資産税に抑える事が出来るので、空き家管理というのは実は節税にもつながってくるんですね。
先程言った、空き家が課税対象になるのは空き家が放置されて危険な状態である、と判断された場合のみですからね。
空き家管理を適切に行い、空き家の状態を維持しながら危険が出ないようにして老朽化や劣化と言ったような建造物の倒壊や腐食、といったことにならないように気をつけておけばいいんです。

空き家管理をするにはどうするか

しかし、自分で空き家に住む事が出来なければ空き家管理は難しいですね。
そこで、おすすめになってくるのが空き家管理業務を行っている業者や協会に依頼することです。
特に、昨今空き家管理問題が多くなってきていることもあり空き家管理士と言った資格なども取る事が出来るようになっているなど、専門にしたところも増えてきているので、委託するのもいいですね。

空き家管理の相場について
■http://www.akiyakanri-hikaku.com/
■空き家管理サービスを30秒で一括比較│空き家管理費用比較君